クラウドの利用

hddとクラウドサーバー

現在情報管理を行うのをクラウドで済ませる場合がほとんどになりますがクラウドサーバーは便利な反面、情報流出、クラウドそのもののダウンといったリスクを伴うために、それ一本で情報を管理する、といったことはあまりお勧めできません。 そのため、旧来のハード上でのみデータを保持するといった情報管理に限らず、hddをバックアップ用にいくつか確保するといった、リスクマネージメントが重要になることかと思います。 また、最近ssdが台頭してきているものの、容量あたりの価格はまだまだhddの方が優秀なので、ディスクアクセスへの速度が求められないバックアップ用には、hddをお勧めします。

バックアップ用にする場合、修復手段の確保が重要

バックアップ用にhddを確保する場合、hddが破損しないかどうかが心配ですよね。ssdに押されてきているとは言え、やはりhddを取り巻くサービスは充実しており、様々な情報の修復手段があります。 業者に依頼をして修復させる方法もあれば、程度が軽ければフリーソフトで修復できる場合もあります。恐らく今後もっとサービスやツールが充実し、hdd修復手段はより様々な方法が出てくると思います。 また、どれほど修復手段が充実したとしても、確実に修復できるとは思わないことと、hddそのものの紛失・盗難には対応できないということを忘れてはいけません。持ち運びの機会が多い外付けhdd等は、バックアップ用に使う場合、紛失に関してより慎重になるべきでしょう。